「守護乙女フラウリッター」 「TSUTAYA オンラインゲーム」にて正式サービス開始! スタートダッシュキャンペーンも開催!

F2マーケティングジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役:遠藤佳代子、https://f2marketing-japan.com )は、5月17日より株式会社TSUTAYA(東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:中西 一雄、以下TSUTAYA、http://www.tsutaya-ltd.co.jp/ )が運営するTSUTAYA オンラインゲーム(http://game-tsutaya.tsite.jp/ )にて『守護乙女フラウリッター』の正式サービス開始した事お知らせいたします。同時にスタートダッシュキャンペーンを開始いたしました。

 

 

守護乙女フラウリッター公式サイト】
http://game-tsutaya.tsite.jp/game/detail/104

■守護乙女フラウリッター、「TSUTAYA オンラインゲーム」からプレイ可能に!
守護乙女フラウリッターとは美少女キャラが活躍する本格的タワーディフェンスゲームです。
美少女達と力を合わせ、街を守り抜こう!「TSUTAYA オンラインゲーム」(http://game-tsutaya.tsite.jp/service_register )から無料会員登録を行うだけでプレイが可能となります。今回、にじよめ版フラウリッターユーザーと同居サーバーとなりますので、ランキング等より一層お楽しみいただくことが可能となります。
■スタートダッシュキャンペーン開催!
守護乙女フラウリッターのサービスインを記念して紫水晶50個を貰えるキャンペーンを開催します。
特典
1)7日間ログインボーナス:紫水晶を毎日5個、合計で35個プレゼント。
2)主人公がLv10、Lv20、Lv30到達時に紫水晶を5個ずつ、合計で15個プレゼント。
※ 50個集めると10連プレミアムガチャ(SR以上一枚確定)にチャレンジできます!
紫水晶とは?
ガチャを回したり、アイテムやチームマークを購入したりする時に使います。
※期間中に「TSUTAYA オンラインゲーム版 守護乙女フラウリッター」にてプレイされた方が対象となります。
※紫水晶はゲーム内で使用できる通貨です。
※キャンペーンの詳細及び諸注意は公式サイトのお知らせをご確認ください。
■添付された画像を使用する際には、お手数ですが以下のコピーライト表記をお願いいたします。
Copyright (C)F2MarketingJapan Inc. All Rights Reserved.
Copyright (C) CommSeed Corporation. All Rights Reserved.
Copyright (C)TSUTAYA Co., Ltd.
守護乙女フラウリッター
未知のウイルスをまとって異次元から侵入してきた「シェード」。第一次侵攻では人類はなすすべもなく敗北していった。そして16年後、再び侵攻を開始したシェードに対し、シェード対策軍(AntiShadeCountermeasureArmy、ASCA 通称アスカ)の指揮のもと、僅かにしか確認されていないウイルスに抵抗力を持つ「抗体者」によって組織された「第503特殊武装連隊」が正式に実戦投入される。
守護乙女フラウリッターは、魅力的な守護乙女達を指揮して戦う、本格タワーディフェンスゲームです。近接ユニット、遠距離ユニットなどを使って、防衛施設に向かって攻めてくる敵を倒す戦略要素満載。色々なスキルを持つユニットを役割に応じて配置し、活用することが攻略のカギになります。
■TSUTAYA オンラインゲームとは
株式会社TSUTAYAが運営する「TSUTAYA オンラインゲーム」は、PCやスマートフォンで遊べるゲームプラットフォームです。TSUTAYA オンラインゲームへの登録、ゲームの基本プレイは無料でご利用になれます。 ※ゲーム内の一部アイテムにつきましては有料のものもございます。
F2マーケティングジャパン株式会社 会社概要
会社名 : F2マーケティングジャパン株式会社
設立日 : 2009年9月
代表取締役 : 遠藤 佳代子
所在地 : 東京都千代田区
F2マーケティングジャパン株式会社は、ゲーム開発運用、運用代行、人材マッチング(有料職業紹介事業)などエンターテインメント関連事業を行う企業です。国産独自エンジンによる主要プラットフォーム向けゲームの開発実績を数多く有し着々と実績を確立。人材マッチング事業においても独自の手法・アフタフォローにより高評価を得ております。女性の社会進出にも高い関心を向け、さまざまな支援にも取り組んでおります。今後も、性別・世代を超えた幅広い層に多種多様なゲーム・コミュニティ・ITサービスをご提供し、エンターテインメントを通じた社会貢献に励んでまいります。